プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
プログラマーとしての僕をレベルアップさせた一言
時として、ある一言が人を変えてしまうことがある。
少し大げさだけど、プログラマーとしての僕を1段レベルアップさせた言葉がある。

あれは確か3年前の夏ころだった。
プログラマ2年目であまりプログラムをさせてもらえずテストばかりさせられていた。
あるとき凄腕プログラマーの方が作ったプログラムをテストしていた。
その方に「僕にはこれを作れる気がしないっすよ」と言ったら、
その方がこうおっしゃった。

「ようはデータ構造なんですよ」

これを聞いたとき頭を真上から打ち抜かれたような衝撃が走った。
たぶん他の人が聞いても「あたりまえじゃね?」程度だと思うが
言葉というのは、内容もさることながら、タイミングも重要だ。
僕の場合、これしかないというタイミングでこの言葉を言われた。

結局プログラムでやることはデータを受け取って(入力)、そのデータを処理して(処理)、
処理結果のデータを出力する(出力)、の3つだ。
そう全てのプログラムの目的はデータなのだ。
あるデータが欲しいから人はせこせこと体を壊してまでプログラムを作る。
そしてデータはデータ構造によって、保持、管理される。
つまり、「ようはデータ構造」なのである。
スポンサーサイト


開発 | 【2009-02-16(Mon) 00:53:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。