プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
javascriptってこんな書き方できるんだ。すげぇ。
IT戦士:for 文と無名関数のイディオム
for (var i = 0, len = list.length; i < len; i++) (function(node, i) {
var text = node.textContent;
node.onclick = function() { alert(text) };
})(list[i], i)
はじめ見たとき何だコレって思った。
この記事ではパフォーマンスがどうとかいう話をしているけど、
こんな書き方できるってことにビックリした。

で自分なりにこれどういう意味なのか説明してみる。

まずFor文


for (var i = 0, len = list.length; i < len; i++)
当たり前だけど、ここまでがFor文でiをlist内の要素の数だけ回す。

で、回しながらどんな処理するの?


それは無名関数でこの部分
(function(node, i) {
var text = node.textContent;
node.onclick = function() { alert(text) };
})(list[i], i)

最後についてる
(list[i], i)
は無名関数に渡す引数

以上短いながら説明終わり。
javascriptっておもしろい。とても柔軟な言語なんだな。
スポンサーサイト


javascript | 【2009-01-20(Tue) 00:18:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。