プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
すべてはパラメーターで決まる
プログラムをしない人には、パラメーターと聞いても
何のことかよくわからないかもしれない。

一文でいうと「ある処理に対して渡す変動的な値」なのだが、
これでもよく分からないかもしれない。

では、数学的な例を挙げてみる。

y = x + 1

という関数があるとする。
yはxに1を足したものという簡単な関数だ。

仮にxに1という値を渡してあげるとすると、
yの値は2となる。

この場合、xに渡した1がパラメーターで
x + 1というのが処理となる。

これで分かって頂けるととてもうれしい。

でここからが本題。
よく「普通こうでしょう」と物事を決め付けてしまう人がいる。
しかし、物事は固定的に決まるものではない。
たくさんのパラメーターによって決まるものだ。

例えば「会社に遅刻する」ことについて考えてみたい。
会社に遅刻する、というのは結果なので、上記の数学の例でいうとyにあたる。
処理は何かというと、起床、身支度、通勤の3つとする。
厳密には他にも様々な処理があったり、イレギュラーな割込み処理が
あるだろうが、とりあえずこの3つとする。

この3つの処理のパラメーターはというと

・起床
 パラメーター1:健康状態
 パラメーター2:睡眠時間
 パラメーター3:目覚まし時計の状態or性能
 etc

・身支度
 パラメーター1:朝食
 パラメーター2:歯磨き
 パラメーター3:持ち物チェック
 パラメーター4:着替え
 パラメーター5:髪型セット
 etc

・通勤
 パラメーター1:天候
 パラメーター1:電車運行状態
 etc

だいたい主要どころはこんな感じだと思うが他にも
たくさんきりがないほどパラメーターがあると思う。
これらのパラメーター次第で遅刻という結果になってしまう。

つまり、世の中の物事というのはたくさんのパラメーターによって
処理された結果なのである。
なので、普通、普通と言う前にパラメーターについて考えて欲しい。

さらにもう少し言いたいことがある。
物事がたくさんのパラメーターの処理によって決まるということは
トラブルが発生したとき、これらのパラメーターのどれかがおかしかったということになる。
なので、トラブルに至るまでどのような処理があり、
どのようなパラメーターがあるのかをまとめることが、原因追求の近道ではないかと思う。
もちろん、人間社会、いやこの宇宙というのはあまりにもたくさんの処理とパラメーターに
よって成り立っているので、すべてをまとめあげることは不可能である。
しかし、原因というものは意外と近くにある場合が多いので思いつく限りあげていけば、
高い確率で原因に突き当たると思う。
スポンサーサイト


ビジネス | 【2008-11-27(Thu) 17:23:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。