プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
Linuxでサブフォルダ以下もgrep
また、やっちまったな。。。
それはさておき本題。

Windowsでエディタソフト秀丸の機能grepはとても使える。
この機能は検索したい文字列と検索したいフォルダを指定し、
フォルダ内にあるファイルの中身を検索し、指定した文字列を発見したら、
そのファイル名を表示してくれるというとても便利な機能である。

これをLinuxでもできないものかと思っていたらできた。
てかlinuxはすごいことに秀丸などというツールは必要なし。
デフォルトのコマンドでいける。

結論から言うと次のコマンドでできる
grep abc `find . -name "*.txt"`

左側の単語から順に説明していく
grep ・・・ linuxのコマンド。入力されたデータに対してgrepしてくれる
abc ・・・ 検索したい文字列
` ・・・ バッククォート始め。linuxではバッククォートで囲むと結果が出力されるらしい
    なのでここではfindコマンドの結果がgrepに出力される
find ・・・ ファイル検索コマンド
. ・・・ 検索したいフォルダ。「.」はカレントフォルダ
-name ・・・ findコマンドのオプション。ファイル名で検索するの意味
"*.txt" ・・・ 検索対象ファイル。これだと拡張子がtxtのみを対象に検索
` ・・・ バッククォート終わり。

全体的な説明をすると、findコマンドで検索したファイルに対してgrepをかけるということ。
スポンサーサイト


linux | 【2008-11-12(Wed) 11:54:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。