プロフィール

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
書評 - イニシエーションラブ
イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)
最後の二行目で、本書は全く違った物語に変貌する。
必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。
本屋でこれを見て、ホントかよと思いつつ買って読んでみた。

結果、見事に騙され二回読む羽目になってしまった。。。
ホントに最後の二行でえっなんで?って感じですぐ始めから読み返してしまった。
筆者がニヤリとほくそ笑むのが頭に浮かんだ。

ストーリとしては、一見どこにでもあるようなラブストーリ。
でもなぜかぐいぐいと読ませられたのは筆者のうまさなのかな。

恋愛ものはあまり読まないけど、個人的には面白かった。
筆者の文章スタイルが好きなのかもしれない。

スポンサーサイト


書評 | 【2008-03-01(Sat) 18:33:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。