プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
書評 - 効率が10倍アップする新・知的生産術
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法まず始めに思うことがある。
それは、ノウハウ本は成功に役立つのか?という疑問だ。

常々思っていることだが、僕は人は人に何かを教えることはできない思っている。
これだけだと語弊があるので、もう少し厳密にいうと、
「知識は教えることはできても、習慣を教えることはできない」ということである。
つまり人は経験を通じて自ら気づくことでしか成長できないように思う。

この本にも出てくる言葉だが、
「愚者は経験に学び、賢者は歴史から学ぶ」という言葉がある。
確かにその通りのような気がする、がしかしなぜか僕はこの言葉に違和感を感じていた。
その理由が分かった。
賢者は歴史に学ぶ前に、まず経験で学んでいるのである。
そして、歴史という知識に学ぶのだ。
つまり、経験があるからこそ知識が生きるのである。
だから、僕はこの言葉に違和感を感じていたのだ。
この言葉を違和感のないものにするとこうなる。
「愚者は経験に学び、賢者はそこからさらに歴史から学ぶ」

なのでこういったノウハウ本が役に立つのは、
ある程度、効率化のノウハウに経験がある人のみだと思う。

筆者は自分が苦労して見出したこの本のノウハウが1575円で買えるのは
破格だと言っているが、僕はそこまでは思わない。
確かに、人によってはそれなりの価値がかもしれないでも平均的にみれば、
1575円くらいが妥当ではないかと思う。

なぜこう思うかというと、周知の事実のようにインタネットが普及してから、
知識の価値というのは暴落している。
なので、今価値があるのは、こういったノウハウ本ではなく、
人の心に響くような本であると思う。

例えば坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)などである。

この本の内容は、世界の列強国がどんどん植民地化を進め、その魔の手が
ついに日本にまで及び、国を挙げてこれに立ち向かう様を歴史に基づいて書かれたものである。

僕はこの本を読み大いに感動した。
いや感動したどころではない。今のままではいかん、何かやれねば!と思った。

なので効率化の目的が成功にあるのならば、今価値がある本は
こういった人の心を揺さぶりモチベーションをあげる本だと思う。

って、全く成功してない僕と著者の言葉どちらが説得力があるかは
言うまでもない。。。ふっ。
スポンサーサイト


書評 | 【2008-02-09(Sat) 19:21:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。