プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
知行合一
初めて入った会社の研修で習ったことの一つに、

ちこうごういつ
知行合一

という言葉があります。

これは、学んで得た知識を行動に生かし、
行動することでさらにその知識を体得していくことを意味しているそうです。

厳しく言うと、知っているのに行わないのは知らないと同じだということらしいです。

最近、この言葉が寒さと共に身にしみます。

研修当時はあまりにも、厳しくて理不尽でやってられなかったですが、
言っていることは結構正しかったのかもしれません。

というか、あまりにも理想を押し付けられすぎて、心苦しかった、
というのが、本音でした。

今では少しだけほんの少しだけ、初めて入った会社が厳しくてよかった
なと思うようになりました。それがどんなに理不尽であったとしても
学ぶことが多いからです。

スポンサーサイト


雑記 | 【2007-02-05(Mon) 17:31:34】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

厳しいことをしなければならないのは、それなりに、その事柄を裏付けるために必要な理由、意味があると、私は思っています。^^

そして、ただ厳しいだけであったり、理由や、意味の無い、事柄こそ、真の理不尽だと私は思っています。

非常に抽象的な、言い回しですが・・・。

でも、このあたりは、難しいですね。
人が意識したり、認識したり、する事柄は、同じ事柄であっても、違う場合があるみたいですから・・・。
2007-02-08 木 13:33:11 | URL | AKITO!! #JalddpaA [ 編集]

そうですね!人によって物事に対する考え方は変わりますからね!
でもひょっとしたら、厳しいってだけですでに意味があるのかもしれません。
なのでそういった意味では理不尽なことはないってことなんですかねー。
2007-02-08 木 14:38:47 | URL | しまだ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。