プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
Eclipse3.4でPHP - 設定手順
前提条件として、Apache2、PHP5、Eclipse3.4PHP用(PDT)がインストールされていること。

デバッガーの指定


PHPをデバッグするための設定
php.iniに以下を追加。追加する場所はAdded by go-pearの上あたりか一番最後でいいと思う。
僕はAdded by go-pearの真上に追加した
[Zend]
zend_extension_ts="C:\php\ZendDebugger.dll"
zend_debugger.allow_hosts=127.0.0.1
zend_debugger.expose_remotely=always

zend_extension_tsにはZendDebugger.dllのパスを指定する
ZendDebugger.dllはpleiades-all-in-one-phpでダウンロードした場合は、
その直下にZendDebuggerフォルダがある。
このフォルダの中に5_2_x_compみたいなフォルダがあるから、自分のPHPのバージョンの
フォルダを探して開く。例えばPHPのバージョンが5.1.2だと5_1_x_compを開く。
中にZendDebugger.dllが入っているから、ここのパスを指定する。
もしくはこのdllをどこか別のフォルダにもっていってそのパスを指定してもいい。
ZendDebugger.dllが見つからない場合はhttp://downloads.zend.com/pdt/server-debugger/より
ZendDebugger-5.2.14-cygwin_nt-i386.zipをダウンロードする。

Eclipse - PHP実行可能ファイル指定


eclipseを開いて、ウィンドウの設定を開く
eclipse_php1

PHPのPHP実行可能ファイルを選択
eclipse_php2
上記の画面で追加ボタンでPHPの実行可能ファイルを追加する

eclipse_php3
名前は任意。PHPのバージョン名などわかりやすいものがいい。
実行可能ファイル・パスに、インストールしたPHPのphp.exeのパスを指定する。
PHP iniファイル(オプション)にphp.iniファイルを指定する。
(上記画像では指定していないが指定しておいたほうがいい)
PHPデバッガーはZendデバッガーでOK。これはPHPをデバッグするときに使用するデバッガー。

Eclipse - PHPサーバーの設定


PHPのPHPサーバーを開く。
eclipse_php_sv1
Default PHP web Sever・・・をダブルクリック、もしくは選択して編集。

eclipse_php_sv2
サーバーを示すURLを「http://localhost/eclipse」としてOK。

これでeclipse側の設定終了

Apacheエイリアス設定


ApacheがEclipse上で作成したPHPファイルを認識するよう設定。
Apacheのホームディレクトリにあるconfフォルダを開く。
この中に、httpd.confがある。
http.confの中に以下の内容がある
<IfModule alias_module>
#
# Redirect: Allows you to tell clients about documents that used to
# exist in your server's namespace, but do not anymore. The client
# will make a new request for the document at its new location.
# Example:
# Redirect permanent /foo http://localhost/bar

#
# Alias: Maps web paths into filesystem paths and is used to
# access content that does not live under the DocumentRoot.
# Example:
# Alias /webpath /full/filesystem/path
#
# If you include a trailing / on /webpath then the server will
# require it to be present in the URL. You will also likely
# need to provide a section to allow access to
# the filesystem path.

#
# ScriptAlias: This controls which directories contain server scripts.
# ScriptAliases are essentially the same as Aliases, except that
# documents in the target directory are treated as applications and
# run by the server when requested rather than as documents sent to the
# client. The same rules about trailing "/" apply to ScriptAlias
# directives as to Alias.
#
ScriptAlias /cgi-bin/ "D:/Apache Group/Apache2.2/cgi-bin/"

</IfModule>
この内容の「# the filesystem path.」の下辺りに以下を追加する
Alias /eclipse "C:/workspace/"
<Directory "C:/workspace/">
Options Indexes Multiviews ExecCGI
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

「C:/workspac」の部分はEclipseで作成したプロジェクトのworkspaceのパスを指定する

これで設定は完了

スポンサーサイト
php | 【2008-12-08(Mon) 01:10:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。