プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
マナーのワナ
痛いニュース:“音をたてて蕎麦を食す…○”“おしぼりで顔を拭く・・・

マナーは身につけるべきか?
もちろんイエスであると思うが、最近マイナス面が大きいことに気づいてた。

何がマイナスかというとマナーを知ると神経質になり、
さらに周りの人にもそれを強要したくなるということだ。

例えば、食事中音をたてないで食べるということを例にとってみる。
このマナーを知らない人は何も考えず、ただ目の前にある食べ物を堪能するだけである。
が、マナーを知っている人は音をたてないよう気をつけながら食べる。
この二人が一緒に食事をした場合、後者は前者に対しマナーくらい守れよ!といらつく。
さらに後者が人がいい場合、なお苦しむことになる。
なぜなら、マナーは強制ではなく、常識的なもので押し付けるものではない。
つまり、人がいい人ならば、まー人は人自分は自分と考えるからだ。
しかし、理屈ではそう思っていても、自分は守っているのに相手が守っていないので、
なんか損そした気分になってどうしてもいらついてしまう。
よほど悟っている人間でない限りこのように感じてしまうだろうと思う。

こう考えるとマナーを知る方が得なのか?と考えてしまう。
確かに、マナーを知る人間の方が圧倒的に増えてしまった場合は、
マナーを守らない人は軽蔑され、差別されかねないためマナーを身につける必要があると思う。

しかし、思うに、あまりマナーを知りすぎると気を使いすぎてあまり人生が楽しめないのではないかと思う。

まー知っておかねばいけないマナーもあるし、なかなか難しいところではあるが、ふと思った。

スポンサーサイト
雑記 | 【2008-02-20(Wed) 13:04:40】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。