プロフィール

島田圭二

Author:島田圭二
Follow shimanp on Twitter

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
読断と変見内検索
訪問ありがとうございます
最近のコメント
最近のトラックバック
関連リンク
カテゴリー
月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
mysql5.1.30 - windows用インストールメモ

ダウロード


http://dev.mysql.com/downloads/mysql/5.1.html よりダウンロード

インストール


ダウンロードしたsetupを実行する
mysql_setup1
Nextを押下

mysql_setup2
セットアップのモードを選択。
標準の「Typical」を指定する。インストールするフォルダなどを変えたい場合は「Custom」を選択。

mysql_setup3
インストール確認。間違いなければNext。
インストール中の画面が表示され終了後、以下が表示される。

mysql_setup4
Nextを押下。

mysql_setup5
Nextを押下。

mysql_setup6
Nextを押下。

mysql_setup7
Nextを押下。

mysql_setup8
設定方法を指定する。「Detailed Configuration」を指定。

mysql_setup9
インストールするサーバータイプの指定。クライアントで開発用なので、「Developer Machine」を指定。

mysql_setup10
データベースの使用方法を指定。「Multifunctional Database」を選択。
トランザクション処理がメインで更新処理が多い場合は「Transactional Database Only」を選択。
検索処理のみで更新処理がない場合は「Non-Transactional Database Only 」を選択

mysql_setup11
データ格納場所指定。変えたければ変える。今回はデフォルトのまま。

mysql_setup12
Mysqlサーバーに対する接続数を指定。開発用なので「20」もあれば十分なので、
「Decision Support(DSS)/OLAP」のままでOK。

mysql_setup13
ネットワーク設定。TCP/IPで接続。ポートもデフォルトの「3306」でOK。
他にMysqlなどのサービスが入っていて、「3306」ポートを使用している場合は変更する。

mysql_setup14
データベース内の文字コードの指定。
UTF-8にするので、「Manual Selected Default Character Set / Collation 」を選択して
UTF-8を選択する。

mysql_setup16
「Install windows servies」にチェックすると、windowsのサービスに登録される。
「Launch the MySQL Server Automatically」にチェックを入れるとMySqlのサービスが
Windows起動時に自動で起動する。はずすと手動起動になる。

mysql_setup17
管理者ユーザのパスワード設定。

mysql_setup18
executeで実行。

mysql_setup19
Finishで終了。

スポンサーサイト
mysql | 【2008-12-07(Sun) 22:50:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
MySQLの設定に一週間費やした件
正直、ぶちぎれ半歩手前まできていた。
MySQLの設定がうまくいかなかったのだ。

何がうまくいかなかったのかというと、テーブルに日本語データを追加することができないのだ。
今週の月曜日から金曜まで会社から帰って毎日3時間くらい悩み、今日も朝からずっとやってた。
お出かけ日和のいい天気だっていうのに。。。

ネットで調べまくっても、本屋で立ち読みしてもなかなか、解決することができなかった。。。
が!ついに先ほどすべての謎が解けた!真実はいつもひとつ!

結論からいうと、テーブルを作成したときのCHARSETとデータを追加しようとしたときの
CHARSETが異なっていたからだ!

なぜこうなったかというと、まずMySQLをインストールしたときの文字コードの設定を
デフォルトのままにしていた。デフォルトだとlatin1という文字コードになる。
で、この状態でテーブルを作成し、日本語のデータを追加した。
実はこのときは、正常に日本語のデータを追加することができた。
しかし、PHPからデータを取得して表示してみると化けまくった。
なぜなら、UTF8に変換して表示していたからだ。
あっと思って、Mysqlのホームにあるmy.iniを修正して、latin1を全部UTF8に変えた。
でこれでいけるだろうと思って、データを削除して追加しなおそうとしたら、

「ERROR 1366 (HY000): Incorrect string value:・・・・・」というエラーが出て一向に入れることができない。。。

で一週間悩んだ末に、テーブルを作成したときのcharsetとデータを追加しようとしたときの
charsetが異なることに気づいたわけだ。
なのでテーブルを削除して、作成しなおしたら、無事うまくいった。

ちなみに、テーブルのcharsetを確認するSQLは
show create table [テーブル名];

これのcharsetと以下のSQLでみれるclientのcharsetが同じなら追加できる。。はず。
show variables like 'char%';

あと今回の件で、わかったのが、mysqlはコマンドプロンプトから表示すると日本語が
文字化けしてしまうということ。
どうやら、windowsのコマンドプロンプトはSJISしか対応しておらず文字化けするようだ。
なのでMysqlを操作するにはMysqlAdministratorなどのツールを使用したほうがいいらしい。

mysql | 【2008-03-01(Sat) 17:54:29】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。